田舎暮らし通信 『むらまつ』

珍品

面白いキュウリの種を入手したので蒔いてみた。
わずか10cmのキュウリが鈴成りになるというから興味をそそられた。

P1120290_20170517183608ff9.jpg

気温の差が激しく管理に苦労したが、ようやくここまで成長したので間もなく定植となる
P1120292_2017051718360127c.jpg

植え床も苦土石灰処理、完熟堆肥、元肥を入れて準備完了
P1120293.jpg

普通のキュウリはもうこんなに大きくなっている
P1120295_20170517183607c97.jpg

クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/05/17(水) 18:58:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君陰草


我が家の庭に今スズランが2種類咲いている。
ひとつはドイツスズランで、昨今スズランといえば殆どがこれを指すといわれている。
もう一つは日本スズラン、別名「君陰草」という優雅な名前で呼ばれるがあまり見かけない。

ドイツスズランは花が葉の上に出て自己主張するが
P1120267.jpg

P1120286.jpg

一方日本スズランは『君陰草』の名のごとく葉の裏に控えめに咲く
P1120259.jpg

P1120287.jpg

しかしどちらも 可憐な姿とは裏腹に花、実、葉、根すべてにコンパラトキシンという猛毒があり、スズランを活けたコップの水を飲んだ子供が死亡したという話もあるというからあまり手で触れないほうが良い。

君陰草について下記の面白い記事を見つけたので引用させてもらった。

     *****************

君影草の由来は、葉の陰に隠れてひっそりと花を咲かせる姿が、男性の影に寄り添う古き日本女性のイメージと重なったためだと言われています。

また、別の説では、頭を下げて愛しい人を待ち続ける姿を連想させるからだとも言われています。
それを象徴するかのように、花言葉は「幸福の訪れ(再来)」「純愛」などです。

ちなみに、英語圏では「谷間のユリ」、ヨーロッパでは「聖母の涙」と呼ばれているそうです。

いずれにしても、現代女性のイメージとはかけ離れていますね。
どちらかというと、見た目は清楚でも実は猛毒を持つスズランそのものという…

これ以上言うと女性を敵に回すのでやめときます(汗)。

     *****************

クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/05/13(土) 19:13:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモ間引き

いつの間にかジャガイモがずいぶん大きくなっている
P1120254.jpg

茎も沢山出ている
P1120256.jpg

間引いて2~3本に減らす
P1120258.jpg

そのあと追肥をして土寄せ、すっきりとした
P1120284.jpg

間引いた茎
P1120279.jpg

これを植えておくと立派にジャガイモが採れるので毎年1畝はこれを植えている
P1120280.jpg


クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/05/12(金) 18:54:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水道完成

今日は配管が露出していると紫外線により劣化が進むため、すべて地中に埋設した。
さらに配管の上を歩くと破損の危険があるため、持ち主に対策を頼んだら大きな声では言えないがあまりにも周囲とマッチしないため、結局その辺に生えている植物をとりあえず植えこんで配管保護とする。
これですべてが完了、水道の完成!
P1120229.jpg

P1120230.jpg

P1120232.jpg

クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/05/09(火) 18:30:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散水用水道工事続き

塩ビパイプを買ってきたので配管をする、塩ビ管は露出すると紫外線で劣化が早くなるのですべて地中に埋め込む
P1120211-001.jpg

P1120219.jpg

今まではパイプ用のこぎりを使っていたが熱で切り口が汚くなるため100均で400円のパイプカッターを買ってきたがこれが実に気持ちよく切れて切り口もきれい、もっと早く買えばよかったと思う
P1120214.jpg

分岐をするために既存の水道を一度壊さなければならず、分岐後これも竹で作るが手ごろな涸れた竹がなかったので青竹で作った
P1120221.jpg

微調整は後にしてとりあえず通水テスト
P1120226.jpg

分岐配管に止水栓をつけるこれも容器が未完成だが
P1120224.jpg

とりあえず通水テスト
P1120227-001.jpg

一応テストはOK、あとは配管の埋め戻しと水栓取り付けの微調整、何とか夏の渇水前に間に合い大変喜ばれた。いずれ山小屋で完成祝いをやる予定。

クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/05/08(月) 17:21:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

田舎暮らし