FC2ブログ

田舎暮らし通信 『むらまつ』

菅名岳

いつもの散歩道から見える五泉市のシンボル菅名岳に雲がかかりきれいに見えた。
写真を撮ったが、邪魔物がいっぱい写っている。
これを修正してみた、初めて使うソフトなので要領がよくわからない、思考錯誤すること30分、何とかいらないものを消去してすっきりした。慣れればもっと早くできそうだ。
ちょっと前のソフトではここまできれいにはできなかった、今のソフトは進んでいると感心する。

前

後

クリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
  1. 2018/09/25(火) 21:35:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩道

気持ちの良い季節になってきた、いつもの散歩道を変えて公園を含む愛宕山周回コースを朝日を浴びて歩いてみた。
山裾の一番下がジョギング道路、その少し上を車椅子とウォーキング用の道路が1.6キロほど並行している。

今日は車椅子とウォーキングコースを歩く、桜の林の中の木漏れ日が心地良い
1_20180924211005571.jpg
2_201809242110029c9.jpg
3_20180924211003c92.jpg

桜の林をを抜けると雑木林へと続く
4_2018092421114832c.jpg
5_201809242111498d0.jpg

ところどころにベンチもある
6_20180924211151afa.jpg
7_2018092421132694e.jpg

トイレも完備
8_201809242113276bb.jpg

歩道を抜けるとジョギングコースのわきに堤、この美しい堤が夏に干上がって稲に干ばつ障害を与えたのだが
9_2018092421132974a.jpg

林を抜けると田園風景が開ける
10_201809242121231fd.jpg

矢印の杉の木の向こう側に我が家がある
11_20180924211458776.jpg

久しぶりに歩いた散歩道だった

クリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
  1. 2018/09/24(月) 21:55:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

金魚

我が家の池の20cm大の鯉4匹がアオサギに持っていかれ、さらに40cm大の錦鯉4匹が病気で死んで
寂しkなってしまった時友達が大きな金魚を2匹持ってきてくれたが、今度は猫に持って行かれてしまい
ず~っと何もいない池になっていたところ、また友達が今度は大小9匹もの金魚を持ってきてくれた。
全部自分で卵から育てたものだという、おかげでにぎやかになったので今度は猫除けの網を作ろうと思っている。

1_20180923172532926.jpg
2_2018092317253486b.jpg
3_2018092317253525d.jpg
4_2018092317253785f.jpg

クリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村

  1. 2018/09/23(日) 17:38:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワンコインコンサート

新潟市のコンサートホール「りゅうとぴあ」では年5回ほど、ワンコイン(500円)でプロのアーティストのコンサートをやっている。
久しぶりに聴きに行った、今回はバス歌手のオペラアリア、オペラアリアのソロといえばソプラノかテノールが多いが今回は珍しくバス、さすがに低音の響きがきれいな声だった。
そして日本の歌「落葉松」もともと合唱曲ではあるがソプラノやテノールの独唱も良く聴くがこれもバスというのは珍しい。
たまたま自分が入ったばかりの混声合唱団でこの曲を練習中なので、表現の仕方等参考になった。
これがワンコインで聴けるという企画がありがたい。

img058_20180922143555245.jpg

クリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
  1. 2018/09/22(土) 16:49:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イネ悲惨

稲刈りが始まった。
7~8月は一か月以上雨らしい雨が降らず、田んぼも水不足で大変だった。
街の表側の大規模集団のの田んぼは大きな川から水を引いたり地下水をくみ上げたりして組合組織で水の管理をして、さらには消雪用の地下水を利用したりで被害は最小限だったが、裏側の山裾の小規模農家は水源地が干上がり、なすすべもなく田んぼは完全に干上がり大きなひび割れができた。
肝心の出穂期にカラカラに乾いたため、穂が育たずに今刈り取りの時期を迎えた。
ひどいところは穂が出ないか出ても実が入らずまっすぐに立っている、穂が出たところでも粒が小さく少ないため貧弱な穂だ。
「稔るほどこうべを垂れる稲穂かな」には程遠い、収量も品質も悲惨な状況だ。

1_20180919145214fdf.jpg
2_2018091914521602a.jpg
3_20180919145217a5f.jpg
4_20180919145219823.jpg
5_20180919145220fad.jpg

クリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
  1. 2018/09/21(金) 18:24:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし