田舎暮らし通信 『むらまつ』

ボランティア

アリーナ

わが町にも福島からの避難所がある。
今日ボランティアに行った、男性2名、女子学生4名の計6名。
備蓄倉庫から畳1枚厚さ3cmの発泡スチロール板を避難者のところに500枚運ぶ。布団の下に敷くと断熱とクッションの効果があり実にスグレモノだ。
その後、沢山届いている救援物資の仕分けして品名を書いた紙を張り備蓄倉庫に搬入保管。
ここには現在54名の避難者がいるが、被災者ではなく一時避難者なので少し気が楽だった。
着る物や布団も毛布も十分あり暖房完備、食堂で食事、お風呂にも入れるし買い物にも遊びにも行けるめぐまれた環境にある
子供の遊び場もあり女子学生は子供たちと遊ぶと言う仕事があったのだが、買い物バスが出て殆んどの人が出かけてしまったので子供もいなくなってしまった。
仕事は午前中で終了、物足りなさはあったが微力ながら手伝いが出来たことに満足だった。
関連記事
  1. 2011/03/30(水) 20:26:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア