田舎暮らし通信 『むらまつ』

地震

hyouko1

hyouko2

瓢湖へ白鳥を見に行く。
例によって日中は田圃に出かけていて、10羽ほどしかいなかった。
管理事務所でたずねると、すでに北帰行で北へ向かいピーク時6000羽ほどいたが、今朝の時点で1076羽しかいないということだった。
田圃に行かない10羽ほどは故障で北に帰れない居残り組だそうだ。
観光客もいない売店兼観察小屋へ行き写真を撮っていると突然大きな地震が来て、いっせいに鴨が飛び立った。
気がつくと飛べないはずの白鳥も皆逃げていた。
いざとなるととんでもない力を発揮するのはいずこも同じだと感心した。
結構大きな揺れが3分弱も続いた。
売店のおばさんは「腰が抜けたと青い顔をして怖いからしばらく一緒に居て」と頼まれ上司が来て閉館処理に入るまでの約1時間ほど付き添いをっやって来たがその間も余震が何度もやってきた。
地震の間中写真を撮っていたのでおばさんはあきれていた。
  1. 2011/03/11(金) 18:35:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

田舎暮らし