田舎暮らし通信 『むらまつ』

フェーン現象

台風がのんびりしているおかげで新潟はフェーン現象で36℃、とんでもなく暑かった。
7月の豪雨の後いまだに阿賀野川の水は真茶色、豪雨の時の濁流の色のままだ。
あちらこちらに流木がゴロゴロ、浅瀬には赤土がこんもり堆積して風光明媚な清流が台無し。
発電所のタービンは泥で埋まり、JR磐越西線は山からいきなり川になり線路が宙吊りとなったがようやく昨日線路を撤去、重機が入れるようになったがこれから道床造り、年末には開通の目標とか。わが市の五泉駅から津川駅までは毎日代行バスが出ている。思いのほかすごい被害だったのだといまさらながら認識した。
ここに台風が来たらと心配したがどうやら避けてくれそうなのでホッとする。

「百日紅」の名の通り庭のサルスベリが暑さに負けず7月の終わりからずーっと強烈な花を次々に咲かせている。
夏枯れで花の少ない時期なのでよく目立つ。
サルスベリ
  1. 2011/09/03(土) 20:34:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし