田舎暮らし通信 『むらまつ』

台風12号

台風
台風12号は近畿、中国地方に多大な爪あとを残していった。
新聞やテレビの映像を見ると、3.11の津波の映像と見まごう状態である。
地震でもなく、津波でもなく、風でもなく豪雨による爪あとなのだ。
台風が去った後も低気圧の影響で北日本、北海道はまだまだ豪雨の可能性で油断が出来ないという。
地震と言い豪雨と言い世界的に見れば、大干ばつ、豪雨、竜巻、火山の噴火、氷河の崩壊、森林の減少、絶滅危具の動植物等々地球が壊れかけているのではないだろうか。
日本には居ないはずの熱帯性の魚や動物が増えているとも聞く。
「地球に優しい」とか「エコ」とかいう生易しい対応でよいのだろうかと疑問に思う。
日本は今四季がなくなりつつあるように思う。
9月までは暑い暑いといっているが昨年も我が家では10月には寒いといって夜ストーブを炊いた日がある。
冬には今までに無い豪雪を見た。また寒い寒いといっているうちにいつの間にか暑い暑いになり丁度良い気候の「春」と「秋」が極端に短い気がする、そして暑くなったり寒くなったりで長袖を着たり半袖を着たりで冬服と夏服が同時にに出ているし、ストーブと扇風機が同時に出て居ると言う状態だ。夏炉冬扇を笑えない状況である。
四季豊な日本はどこに行ってしまったのか「二季の日本」になってしまうのだろうか。
まもなくやってくる短い秋を満喫しなければと思っている。
関連記事
  1. 2011/09/06(火) 13:22:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア