FC2ブログ

田舎暮らし通信 『むらまつ』

アリエッティ

スタジオジブリのアニメに「借り暮らしのアリエッティ」というのがある。
ある家の縁の下に住む小人の少女(アリエッティ)の物語だが、その撮影のセットの展示を見てきた。
夏に東京で見ようと近代美術館に行ったけど折悪しく夏休みとあって、チケットを買うのに30分待ち、入場に2時間待ちという行列、入ったとしてもゆっくり見ることは不可能とあきらめたものが新潟の近代美術館にやって来たのである。
今度は平日なのでガラガラ、ゆっくりと見ることが出来た。アリエッティ
10センチの小人が見ているという設定なので、逆にセットはすべて巨大である。
撮影はNOなので入り口の靴だけ撮った。
「借り暮らし」というのは縁の下に居を構え、上の部屋からパン、野菜、砂糖などの食料品からはさみやティッシュなどの日用品までをそっと拝借して生活している。
盗むなんてとんでもないことと考えていて自分たちは家の一部だと言い、盗んだことなんて一度もない、パンがバターのためにあるように人間と言うものは小人たちのためにあるのだと言うのが「借り暮らし屋」の常識だという物語。
とにかく縁の下の様子がばかでかい上にリアルに作られているのだが、逆にやたら大きいがゆえにこれは何だろうとしばし考えるものもあって面白かった。写真の靴からすべてが想像できるかな。
  1. 2011/11/25(金) 20:22:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし