田舎暮らし通信 『むらまつ』

ひな人形

3月ももう3日、春の足音が聞こえるようで嬉しくなる。
娘が2歳の頃(40年ほど前)浅草の真太郎で初代「金林真太郎」作の立ち雛を買った。
その後6年ほどたった時、顔の一部が剥がれてきたため修理を依頼したところ、修理は無理ということで2代目
金林真太郎氏が顔だけをそっくり作り変えてくれた。
したがって胴体が初代、顔が2代目真太郎作という珍しいお雛様になった。
絵はそれを10年ほど前に描いたもの。
人形1

人形2
  1. 2012/03/03(土) 17:41:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

田舎暮らし