田舎暮らし通信 『むらまつ』

写真がうまいって?

写真がうまいって何だろう?。
というコラムを読んだ。
この「写真」をそのまま「絵」におきかえても全く同じことが言えるので「絵」に置き換えて読んだ。

*******
何を基準にうまいって言うのだろうか?
写真にうまい、へたということばは不適切。

写真は技術も大切だがそれよりもっと大切なのは『自分が持っている感性』である。
そして感性は一人一人違っている。
そう考えると「写真がうまい」と言われても今ひとつピンと来ない。
「感性」に上手も下手も無いからだ。

唯一つ「写真がうまい」といわれる人はカメラやレンズのことを熟知して、普段人が見ない目線や人とは違った表現が出来る、レンズ、フレーミング、そして露出を選んでいる。
ここが一般に言われる「写真がうまい」ということなのだと思う。
だとすれば誰でも写真がうまくなれる。
カメラやレンズのことを知りそれなりの実践経験を積めばいいから。
勿論それなりの時間は必要となる。

「感写のすすめ」
感写は感謝と引っ掛けた造語、つまり自分の感性を大事にして写真を撮るということ。
自分の感性が何も感じない被写体を撮っても、つまらない一枚になってしまう。
逆に言えば「自分の感性が何かを感じとり、感動した被写体はすばらしい一枚になる」ということ。

写真を比べるのもいいけれど
カメラ仲間と比べあうことも、中にはコンテストに応募する人も多い。
確かに比較をすることで技術の向上や知識を増やすことが出来ていいと思うが、あまり「優劣」にこだわらないほうが良い。違う人が違う感性で撮った写真に「優劣」をつけるのはある意味不可能といえる部分が多大にある。
コンテストなどでも審査員が替われば入賞者が変わってくる。

写真、絵、書、句、etc. 芸術というものは全て感性に支配されるので「優劣」というよりは見る人の感性と合うかどうかが好みの問題。
***********

これを読んで全くその通りと思った。
私の絵も上手、下手ではなく見る人の感性と合うか合わないかなので自分の思うままに描けば良いのだと意を強くした。

そして安心してこんな絵を載せた。
花瓶
  1. 2012/03/16(金) 19:22:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

田舎暮らし