田舎暮らし通信 『むらまつ』

ゆううつ

長かった冬もいよいよ終り春らしい天候になってきた。
庭の雪もほとんど消えた。
雪は汚いものをすべて隠し、美しい銀世界を作ってくれるのでうれしい。
しかしひとたび雪が溶けると水になる・・・ではなくて、待ちに待った春がやってくる。
心ウキウキなのであるが、その反面、憂鬱になるのだ。
なぜならば、今まで雪が隠してくれた秋の残骸がそこここに表れる。
これを毎日夫婦2人で朝から夕方までかき集めて始末しなければ、きれいな庭にならない。
昔は集めたごみは、庭の片隅で焼いたので楽だったが、今は消防署から焼却禁止令が出て焼くことはできない。
一か所に集めて、枯草や枯葉は積んで堆肥にする(しかし必ず毎年カブトムシの幼虫が山ほどこの中で繁殖するので結局堆肥としては使えないが)
木の枝や棒切れは束ねてごみ収集に出す(但し50㎝以下に刻まなければ集めてくれない)か別途に積んで腐らすかするがその仕分けも大変なのだ。
そうしているうちに、今度は雑草がどんどん生えてくるので草むしりをしなければならない。
さらに草花や野菜の蒔き時が容赦なくやってくる。
そのためには畑を作らなければならない・・・・と次々に忙しい毎日となる。
楽しい反面、歳とともに体力と気力が衰え、苦痛も覚えるようになってきたので今年は適当にやろうと思っているが、この残骸を毎日眺めて過ごす気にもなれない憂鬱な気分なのである。
田舎暮らしも傍目には優雅に見えるかもしれないが、それなりの苦労も多いことも知ってほしい。
s-P1060021.jpg

s-P1060020.jpg

s-P1060018.jpg

s-P1060027.jpg

s-P1060026.jpg

s-P1060024.jpg

s-P1060035.jpg

s-P1060034.jpg

ここを ↓ プチっとしてください

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟 その他の街情報へ
にほんブログ村
関連記事
  1. 2013/03/07(木) 16:24:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア