田舎暮らし通信 『むらまつ』

最初の夜

このところワンコの話題で終始している。
昨日の夜みんな帰って「ミー」一匹になった。
知らない土地の知らない家での初めての一夜を一匹で過ごす。
今まで10匹も一緒に暮らしていた犬にとって不安な一夜だろう。
万一に備えて自分の布団を犬小屋の隣に敷いて寝る。
心配した夜鳴きもせず、とても良い子で寝た。(初めて親から離された子犬は夜通し鳴いているが)
朝も特に騒ぐことなく、洋服を着替えるまでおとなしく待って散歩に出かけた。
朝5時半、空気がひんやりとして気持ちが良い、「ころ」が亡くなってから初めての感覚。
これからは毎朝の散歩、自分の体のためにも良いのだろうと思う。
今までの保護者の方から「この子は頭の良い子だからナメられると言うことを聞かなくなるので最初は厳しく躾けてください」とのアドバイスがあったと娘から連絡があった。
確かに頭がよさそうだし頑固なところがある、が厳しく優しく育ててゆこうと思う。
捨て犬の命をひとつでも救えたと同時にわれわれも癒されると思うとうれしい。
尻尾の赤剥けが痛々しいのと、全身がかゆいのかそこここを爪で掻いたり歯で咬みまくるので、動物病院に連れて行った。
開口一番 『ころちゃんがきたと思った、そっくり!』 と言われた、ころは耳がぴんと立っていたが茶色のぶちの位置や大きさと顔は確かに似ているかも。
赤剥けは『自虐性脱毛」でストレスなど神経性のもので人間のリストカットに近いとか、全身かゆいのはノミやダニではなくやはり神経性のものか、アレルギーかもしれないと言う。
尻尾にスプレーの薬、背中にフロントラインをスプレイしてもらう。
帰ってから痒みが和らいだのか、ぜんぜん咬まずソファーで気持ちよさそうに寝てしまった。

s-P1070172.jpg

s-P1070173.jpg


ここを ↓ プチっとしてください

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟 その他の街情報へ
にほんブログ村
  1. 2013/05/24(金) 16:27:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし