田舎暮らし通信 『むらまつ』

ストロボ生き返る

試行錯誤の結果ブログのスタイルが元通りになった。
そもそもなぜおかしくなったのかがわからないが、なぜ直ったのかもわからない。
パソコンはまったく不可解な道具だ。



先日、昔のストロボを出してきてテストをしたところ、長い間放置したためコンデンサーの容量抜けで使えなくなったと書いた。
ところがそれを蓄電スイッチを切り忘れたまま放置した。
3日ほどして蓄電完了のパイロットが点灯していることに気がついた。
液晶表示も生きている。
もしや!と思いテスト発光してみると、なんと見事に発光した。
うれしくなって早速カメラに取り付けてテスト、シャッターとのシンクロも問題なかった。
発光後の蓄電も数秒で復帰する。
長期間放置しておいたがコンデンサーは生きていた、ただ完全に放電してしまったので最初の蓄電に時間がかかっただけのようだ。
これからもあまり出番はなさそうだけど、たまには放電、蓄電をすることでまだ使えるのは大きな収穫だった。
電源の切り忘れが怪我の功名だったとは。

1-P1080911.jpg

1-P1080915.jpg

1-P1080914-001.jpg



ここをクリックして一票をお願いします
    ↓

  1. 2013/10/11(金) 17:24:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし