田舎暮らし通信 『むらまつ』

一時代の終わり

我が町は確実に高齢化と少子化そして過疎化が進んでいる。
今年四月少子化の影響で市内の中学校2校が併合されることになった。

プログラム005

自分たちの出身校である愛宕中学校は場所も校舎も変わってしまったので思い出は何もないが、名前まで無くなってしまうことはいささか寂しい物がある。
我々が小学校に入ったのはまだ敗戦の色濃い昭和22年、学校は軍隊のおんぼろ兵舎だったが、中学校も色こそ塗り替えられて白くはなったが、やはり隣の兵舎だった。
後に合併で村松町立愛宕中学校,更に合併で五泉市立愛宕中学校となったが、当時は村松町・菅名村組合立愛宕中学校だった。
一学年50名以上で7クラス350名強、全校で1000名以上の生徒がいた。
この春の全校生徒は400人というから当時の一学年強しかない、確実に少子化、過疎化が進んでいる。

菅名岳をバックに左が中学校、右が小学校どちらも旧軍隊の兵舎、校庭は軍隊の調練場だったのでやたらと広い
プログラム010
旧校歌

現在の愛宕中学校の校舎、4月から村松桜中学校と名前が変わる
P1070947.jpg
校歌と校章

こうして自分と縁もゆかりもない学校となり一時代が終わってしまったという感慨がある。
このブログを見てくれている人の中にはこの感慨を同じくする人がいると思い、古い資料を載せて振り返ってみた。


クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/02/24(金) 19:43:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

田舎暮らし