FC2ブログ

田舎暮らし通信 『むらまつ』

稔りの秋

今年は柿の成り年らしく、どこの柿も鈴なりになっている。
新潟は柿といえば、通常渋柿でさわし柿か干し柿にするものが多い。

我が家の柿は甘柿ばかり、毎年剪定をして枝を間引き結果数を調整し、大玉になるように手入れをしてきたが、今年は剪定の時期(2月)にまだ雪がたくさんあり、雪解けを待ったら面倒になりやめてしまった。
その結果、枝という枝に鈴成りになり実もかなり小さい。
近所の人や知人に200個以上配ったが、ちょっと見それほど減ったようには見えない。
我が家でももう食べ飽きて減らない。

こちらは富有柿
P1010193.jpg

次郎柿も放任で毎年あまり成らない樹なのに今年はそこそこなっている
P1010191.jpg

一方ユズも毎年放任でほとんど成らず、去年は1個しかならなかった。
樹が大きくなり暴れるので、思い切って高さを半部に切り詰めて混み合った中心部の枝を間引いて陽が入るようにしたところ、今年は沢山成った
植物は正直なもので、手を入れれば答えてくれるが、困ったことについつい面倒くさいが先に立ってしまう
P1010188.jpg

丸いのが富有柿、四角いのが次郎柿
こうして玄関に飾っておくと来客が持って行ってくれるので、絶えず置いている
P1010186.jpg

クリックお願いします

にほんブログ村

にほんブログ村
  1. 2018/11/03(土) 11:55:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし