田舎暮らし通信 『むらまつ』

白鳥の湖

白鳥の北帰行がピークを過ぎていると言う。
最後にもう一度白鳥を見たいと思い、瓢湖へ行ってみる。
表示を見るとピーク時の20分の1くらいしか残っていないが、周囲の田んぼに雪があるため湖に残っている白鳥が
100羽近くいた。
4000羽以上いた時でも、日中は田んぼに行っていて湖には十数羽しかいなかったので、逆に今までで一番多く見られたのはラッキーだった。

DSCF2699.jpg

DSCF2711.jpg

DSCF2725.jpg

DSCF2703.jpg

DSCF2723.jpg

DSCF2729.jpg

DSCF2706.jpg

DSCF2753.jpg

DSCF2755.jpg

思えば今日は3.11だ、奇しくも3年前のあの日も瓢湖にいて地震に会った。
そのときの記録を下記に引用してみる。

          ********************************

2011.3.11
瓢湖へ白鳥を見に行く。
例によって日中は田圃に出かけていて、10羽ほどしかいなかった。
管理事務所でたずねると、すでに北帰行で北へ向かいピーク時6000羽ほどいたが、今朝の時点で1076羽しかいないということだった。
田圃に行かない10羽ほどは故障で北に帰れない居残り組だそうだ。
観光客もいない売店兼観察小屋へ行き写真を撮っていると突然大きな地震が来て、いっせいに鴨が飛び立った。
気がつくと飛べないはずの白鳥も皆逃げていた。
いざとなるととんでもない力を発揮するのはいずこも同じだと感心した。
結構大きな揺れが3分弱も続いた。
売店のおばさんは「腰が抜けた」と青い顔をして「怖いからしばらく一緒に居て」と頼まれ上司が来て閉館処理に入るまでの約1時間ほど付き添いをっやって来たがその間も余震が何度もやってきた。
地震の間中写真を撮っていたのでおばさんはあきれていた。


クリックして一票をお願いします
    ↓

  1. 2014/03/11(火) 18:00:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ミズバショウ | ホーム | 突然冬が>>

コメント

こんのさん
ありがとうございます。
それにしても復興が進まないのはなぜでしょう。
原発の事故が収束していないのに再稼動に進むのは理解できません。
  1. 2014/03/12(水) 19:23:29 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集 ]

あの日も

>突然大きな地震が来て、いっせいに鴨が飛び立った

あぁ、3年前のあの時、瓢湖だったのですねぇ
3年という時間、いろいろなことがありました
短いような、長い時間...... 複雑です
  1. 2014/03/12(水) 06:23:27 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otk01.blog111.fc2.com/tb.php/1031-740c4282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし