田舎暮らし通信 『むらまつ』

お茶造りに挑戦

昔はこの辺りでは畑や道の境界にお茶の木を植える習慣があったため、今でもそこここにお茶の木が散見される。
我が家の畑の境界にもお茶が沢山ある。
子供のころには、今の季節お茶摘みが盛んで我が家も人を頼んでお茶摘みをしてもらい、お茶屋さんで製茶してもらうと御遣い物などにしたり自家用に飲んでも1年分は十分あったものである。
今では製茶所もなくなりお茶摘みをする姿は見られないが、初夏の柔らかいお茶の葉をみているともったいない気がして、自分でお茶を造ってみようという気になった。

P1120327.jpg

茶葉はこの3芽を摘む
P1120334.jpg

あまり多いと揉むのが大変なのでほどほどにする
P1120336.jpg

まずは蒸し器で1分軽く蒸す
P1120340.jpg

冷ましながらしっかりと揉む
P1120343.jpg

電子レンジに2分かけてまたしっかり揉む、これを5~6回繰り返して水分を抜いてゆく
P1120347.jpg

30分ほどしてこの程度まで水分が抜けてきたら
陶板に移して適度に加熱しながらひたすら揉む
フライパンや鉄板は熱しやすく冷めやすいので適度に熱を加えるのが至難の業だが、陶板は一度熱すると火を止めてもゆっくりと温度が下がり再加熱しても急激には温度が変化しないので好都合なのだ
P1120352.jpg

1時間半ほど揉み続けてようやくここまで来た、これからは手のひらで撚りをかけながら揉んでゆくが、これは職人技なので素人には難しい
撚りをかけることで、お湯をそそいだときゆっくりと開いて1度ににお茶が出てしまわず何回か飲めるわけだが、いまは機械揉みのためなかなか細い撚りがかからない、職人が手もみした茶葉は糸のように細くなる
P1120354.jpg

更に1時間半ほど揉み続けてようやくここまで来たが、やはり撚りがゆるいのはいたしたなしだ
P1120375.jpg

蒸してから3時間半あまりひたすら揉み続けた、汗びっしょりで立ちっぱなし休みなしで腰がしびれてきた。
あとは一晩かけてゆっくり冷ましながらさらに乾燥させるため完成は明朝となる。

クリックお願いします
   ↓ 



【トレミー】人気ブログランキング
  1. 2017/05/26(金) 21:34:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手造り茶の試飲 | ホーム | ミニキュウリ定植>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otk01.blog111.fc2.com/tb.php/1648-b72c39fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし