田舎暮らし通信 『むらまつ』

腹の立つ話

東電の神経には腹が立つ。
300トンもの汚染水が流出しているにもかかわらず、気がつかなかった?あるいは隠していた?いずれにせよその行方さえ不明という。
地下に浸透したのか海に流出したのかわからないというからあきれてしまう。
さらにタンク周りの水が雨水なのか、漏水なのかも不明な上に線量の記録さえないというから怒りを通り越してあきれるしかない、対策とて対症療法で後手後手。
避難を余儀なくされている人たちはどんな思いでこの有様を見ているかと思うと心が痛み腹が立つ。
本県に避難している人たちがいまだ5000人以上いる中で350人が東電と国を相手に訴訟を起こしたというが、もっと多くの人が提訴すべきと思う。
民間企業ならとうにつぶれていると思われるのに、政府が肩入れ(税金を)してのうのうとしていて、挙句には電気料金の値上げとは聞いてあきれる。
また国の対応も生ぬるいにもほどがある。
故郷を失い、帰るところのない人たちの気持ちを本当に考えているのか。
暑い暑いといっているうちにまたすぐに寒い冬がやってくる、仮設住宅生活の人たち、家族ばらばらの人たち、仕事を失った人たちの気持ち、自殺さえする人がいることをを本気になって考えているのだろうか。
復興予算のわけのわからない使途、どうして被災者の所に届かないのか理解ができない。
原発事故が何の解決もしていないのに、安全が確認されたら再稼動というのもわからない。
原子力は人間が制御できないと言うことが東電事故ではっきりと証明されているにもかかわらず、何を以って安全とするのかまたそれを決められる人がいるのか全く疑問である。
さらにそれを海外に輸出など論外と思う。
本当に安全というならば東京の電力をまかなう原子力発電所はお台場の真ん中に作ればよいではないか、福島も新潟の原子力発電もその電力はすべて地元では使われていないのだから。

こんな国の対応を見るに、社会保障と税の一体改革なども当てにならない、消費税の使途も結局わけのわからないところに使われるのではないかと思うと、わずかな年金生活者としては消費税の増税などとんでもないと思うのは自分だけだろうか。
大企業のみ利益を上げても末端には何の影響もない、痛みだけが庶民に回ってくるような仕組みで経済が活性化するなどと本気で思っているのだろうか。
最近の新聞から腹のたつ思いをぶっつけるところがないのでここに書いてみた。
異論もあろうが、あくまでも私見である。

img002.jpg



にほんブログ村
  1. 2013/08/25(日) 19:27:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<名残り | ホーム | 甘えん坊>>

コメント

こんのさん
ありがとうございます。
まったくそのとおりです。
  1. 2013/08/26(月) 08:23:31 |
  2. URL |
  3. ころ #JBFGtPPo
  4. [ 編集 ]

脱原発

ドイツでは、しっかりと脱原発に向かってますね
日本は、世界ではじめての、唯一の原爆被災国
なのにドイツとは逆へ向かってます
そこが納得できない。へんな国、政治家たち
難民がいることをもっとしっかりと受け止め、舵取りを間違えないでもらいたい!です

  1. 2013/08/26(月) 06:28:39 |
  2. URL |
  3. こんの #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otk01.blog111.fc2.com/tb.php/829-a0de5f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

田舎暮らし